新発田市 原田デンタルクリニックのロードヒーティング工事の様子③

ワイヤーメッシュ敷設作業の様子

はい、新米スタッフYです(*’ω’*)本日も連載企画「すごいよ!!ロードヒーティング工事!!」(もはや意地でも言い続ける)第3弾をお送りいたします。

同じロードヒーティングの工事でも、ひとつとして同じ工事はないので、内容がてんこ盛りでございます。

何回かに分けてお伝えしておりますが、3回目の今回はいよいよ「温水配管敷設」作業の様子をお伝えしますよ♪

※施工場所 新発田市「原田デンタルクリニック」様

再度掲載★施工前の様子★新発田市 歯科医院様 何度見ても落ち着いたおしゃれな佇まいですね(*’ω’*)

★今回施工させていただいたのは、新発田市にあります「原田デンタルクリニック」様です。白壁にタイル敷きの素敵なアプローチがお洒落な歯科医院様です。

★ロードヒーティングとは、文字通り雪が降ったときなどに「道路(ロード)」を「温めること(ヒーティング」。豪雪地帯の新潟ですが、新潟市は近年降雪は大変少なかったのです。でも昨年末からの大雪で、道路や屋根の融雪設備を希望されるお客様が大変増えてきました。

★~工事の流れ~

 ①今現在敷いてある駐車場のアスファルトを全部剥がす。(第1弾でご紹介)

 ②路盤鋤取り(「すきとり」)し、地盤を改めて整え【転圧整地】 (第2弾でご紹介)

 ③ワイヤーメッシュと温水配管を設置してから、(第3弾の今回、ご紹介!!)

 ④配管埋設部分は、コンクリートを流して固め、(第4弾でご紹介)

 ⑤さらにアスファルトでコーティングしなくてはなりません!!Σ(・□・;)(第5弾でご紹介)

社長!今回の作業はまず何からご紹介しましょう??(ワクワク・・・( *´艸`)

(1)ワイヤーメッシュ敷設の様子

高さを確認しながら、慎重に敷いていますね。

何をしているんですか??社長、教えてください!!(´;ω;`)ウッ…(また泣)

kaoleft

(また泣いてる。。。)
ワイヤーメッシュを敷いてるんだよ。普通の鉄筋を敷くより厚みが抑えられるし、いいんだよ~。

なるほど、、、(・_・D フムフム よく新築の御宅の基礎工事で拝見するような気がします。

でも、なぜ配管を直接路盤に敷いてはいけないんですか??

kaoleft

それはね、コンクリートのひび割れを防止するためだよ。
他にもいろいろ理由はあるけどさ。まずそれだけ覚えて。

了解です。( ー`дー´)キリッ

(2)温水配管敷設作業の様子

配管敷設

雪を解かすための大切な「温水」を循環させる配管ですね(‘ω’)ノすごい量です!!

患者様が冬場いらしたとき楽々駐車できるように、丁寧に作業していきます。整然と敷かれた配管を見ていると気持ちいいですね♪さすがプロの技★

kaoleft

今回は、13Aの配管を150mmピッチの使用です。
大切な作業ですが、地味に腰に来ます。。。

そうですよね。。。わかります( ノД`)

でも様々な業者の皆様方や社長を中心とした社員の皆様の力で、

配管敷設作業がついに完了しましたっ!!

敷設完了です!!

次はコンクリート打ちです。

例によって今回はここまで!!(‘ω’)ノ

次回はコンクリートで配管を覆っていく「コンクリート打ち」作業についてレポートします。どうぞまたご覧いただけたらと思います。宜しくお願い致します!!

******次回は明日4月5日月曜日に更新予定です!!******

住宅設備のプロフェッショナル!!

新潟県近郊を中心として、冷暖房設備工事、キッチンやトイレのリフォーム、新築物件工事やロードヒーティング工事などなど、幅広く施工いたします。お気軽にお問合せください!!

有限会社 イスト

新潟市東区紫竹卸新町1872-1

電話 025-275-7173

まずはお気軽にご相談ください。些細な事でも結構です。

ご相談・お見積もりは無料です。

新潟県全域、富山県、石川県、埼玉県、長野県、福井県で住宅設備のご相談は有限会社イストへ
リフォーム、新築、ちょっとした修繕工事も私たちイストにおまかせください!

Scroll to Top

後悔したくない方必見!プロが教える

失敗しない住宅設備のコツ